土地の登記簿謄本について

土地の登記簿謄本について

土地を購入したり、その土地が法律的にどのような常態なのか?を判断する材料の一つに登記簿謄本があります。現在は登記簿謄本も法務局で手軽にコピーが取れますので、必要であれば取得してみるといいでしょう。
登記簿謄本にはその土地の所有者や抵当権といった情報が、きちんと掲載されています。
このように書くと、土地の登記簿謄本に関する情報があまりにも簡単に手に入るように見えることから、「そんな簡単に情報を第三者に提供しても大丈夫なの?」という疑問を持つ人もいるかもしれませんね。
誤解が内容に書きますと、登記簿謄本に関する情報というのは。個人情報にはなじまない情報といえるでしょう。むしろ、第三者に対して公表すべき情報こそが登記簿謄本に関する情報といってもいいかもしれません。
例えば貴方が不動産を購入するとします。もしその土地に対し、貴方に土地を売ろうとしている人が、その土地を担保にお金を借りていた(抵当権)としたらどうしますか?
抵当権を設定した側の人としてはもしお金の返済が難しくなった場合、その土地を売ることによってお金を回収出来ることになりますから、当然今度買う貴方に請求が来ることになります。
つまり、不動産を購入する費用だけでなく。抵当権を支払うべきお金までも必要になってきます。これでは困りますよね。
ですからお金を貸す側(抵当権者)からすれば、第三者に対して「土地を担保にお金を貸してますよ」ということを登記簿謄本上でアピールしているといえます。