土地を購入するにあたって

土地を購入するにあたって

土地を購入するにあたって、まずは何をすべきでしょうか?
もちろん皆さんがご興味を持った土地ですから、不動産屋に問い合わせることが一番となるでしょう。でもやはり、一番重要なこととしては。自身の目で、購入すべき土地についてこれでもか!という位、しっかり調査、吟味して欲しいということです。
例えば土地の大きさ。なんらかの理由で登記情報に記載されている面積と違っている場合があるケースがあります。また形状がチラシに記載されているものと大差はなかったものの、実際にはセットバックが必要だったり盛り土等のなんらかの工事が必要なケースがあります。
さらにその土地を購入し、建物を建築する場合であれば。そもそもその土地では建物を建築するのに行政の許可が必要だったり、そもそも建築不可な土地だったりすることもあります。前者は調整区域が該当し、後者は前面道路にその土地が十分、面していないケースなどが考えられます。
他では抵当権の権利等の問題等、ざっと思いつくだけでも土地の購入とはいかにややこしく、またさまざまな権利関係が絡んでくるか?がお分かりかと思います。
単にその土地を見るだけでなく、複雑な権利関係や行政の法令上の制限等も現地に不動産屋と見学に行く前、行かれた際に確認することが重要です。
また意外とこういう権利関係などの重要な事を聞かれると絶句するような不動産業者もいるようですが、絶対にこのような業者から購入するのはやめたほうがいいでしょう。大きなトラブルの元です。