土地の名義変更は必ず行うように

土地の名義変更は必ず行うように

土地に限ったことではありませんが、不動産を購入した場合、一般的には名義変更がなされます。名義変更というのは第三者が見ても、客観的かつ公的に「この不動産は名義変更された人の所有物件ですよ。」ということを証明するものです。
今ではそういうことはほとんど聞かなくなりましたが、バブルの頃は買手が名義変更をしないことをいいことに、悪意ある売主が善意の第三者に土地を売ってしまうというようなこともありました。言うまでもありませんがこんなことをすれば、買手には不動産が手に入らないことになります。まあこれは極端な話ですが、車と同様に自分の所有権になる訳ですから。名義変更をしておくべきだと思います。
ただし土地を名義変更しますと、それに伴ってその土地についていた抵当権といった第三者の権利や、固定資産税の納税義務もセットになって付いてきます。このあたりは購入前に抵当権といった権利関係ならば不動産屋なり法務局にある登記情報で確認したり出来ますし、後者の固定資産税も市役所等で確認が可能です。土地を相続などで自身の名義にする場合は特に注意しておきたいところです。
また一般的に名義変更は手続きが一般人にはやや煩雑な部分がありますので、登記の専門家である司法書士に依頼するケースが多いですね。
土地を購入して所有権にするケースはもちろんのこと、その土地を利用してなんらかの投資対象にする場合にも名義変更はなにかと不可欠な要件になってきます。