土地活用を考える

土地活用を考える

土地活用は主として、遊休地を所有している地主さんが固定資産税対策等の一環として利用される機会の多いスキームといえるでしょう。
土地活用の中でも特に多いのはマンション、アパート経営などですね。大手では大東建託や東建コーポレーションなどが有名です。
こちらは土地の上にアパートを業者が建築し、そのアパートを一括借り上げした上でお客さんを付け、そしてインカムゲインを手に入れるという手法です。
この他での土地活用としては駐車場経営や、その土地そのものを定期借地等の条件をつけて貸し出す、という方法もあります。土地の所有権は失いたくない、しかし不動産を担保としたなんらかの投資はしてみたい。インカムゲインを手に入れたい。そうお考 えの人に向いた土地活用といえます。
少し上記で書いた土地活用とは趣が変わりますが、土地の売買も土地活用の一つといえるかもしれません。例えば土地の価額が安いうちに購入し、近隣の影響で土地の価額が上がった状態で売買し、キャピタルゲインを手に入れる。これも一種の土地活用といえます。
土地活用というのは土地を担保とした投資のようなもの、そう考えてみて問題ないでしょう。土地を担保とした投資はミドルリスク・ミドルリターンとされており、実践する際にはしっかりとしたスキームと相場観が必要不可欠となってきます。
もしも土地活用に少しでもご興味がある方は、お持ちの不動産を最大限、価値のある利用方法はどんな方法なのか等、考えてみた上で考えてみるようにして下さい。