土地売却にかかる税金って何があるの?

土地売却にかかる税金って何があるの?

土地や建物といった不動産には、必ずと言っていいほど税金が付きものです。不動産を購入した時等に付く不動産取得税、所有しているだけで毎年払う義務のある固定資産税、そして今回のテーマでもある、不動産売却にかかる税金です。
例えば貴方が2千万円で土地を手に入れたとします。景気がよくなり、その土地が3千万円で売却しました。この場合は1千万円の利益が発生しているため、この儲かった金額の1千万円について税金がかかってくることになります。もちろんいうまでもなく、逆のケース。つまりは損するような状態になった場合は、そもそも利益がないのですから税金は一切かかりません。
不動産売却にかかる税金というのは、いわばサラリーマンの給与や事業所得と同様に考えられ、所得税や住民税が課税されることになります。また不動産売却の税金は上記所得とは別に課税されることになります。
ただし支払う義務のある税金ではありますが、もちろん減免措置もしっかりと存在しています。例えば譲渡所得に関する税金の減免措置としては、1月1日を起点として、不動産を所有していた期間に応じて税金額が変わってきます。
5年以下の短期間での売買の場合、所得税が30%、住民税が9%も課せられるのですが、これが5年を超えるいわゆる長期譲渡取得となった場合は所得税が15%、住民税が5%となります。土地転がしを防ぐ目的での税金措置か、それとも住む人を優遇するための税金措置なのでしょうか?
この他では売却した土地を購入した際の取得費用や譲渡費用、特別控除額も控除の対象となります。