住宅ローンの控除

住宅ローンの控除

『住宅ローン控除』『住宅ローン減税』『住宅借入金等特別控除』などという言葉を聞いたことがあると思います。
『住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除』という正式名称になっています。
これは、新築や増改築などで住宅ローンを利用した場合、一定の条件が揃えば入居から10年間、所得税の還付か支払うべき所得税の控除を受けることができる制度です。

 

2014年4月より、消費税増税が実施されるのと同時に、『住宅ローン控除』の制度にも変化があります。
今が住宅の買い時だとお考えの方は、果たして本当に得するのかどうかを、ご自身に当てはめて考えてみてくださいね。

 

これまで、住宅ローンの上限は2000万円となっていました。
この1%が控除になるので、年間で20万円、10年間で200万円の返還となっておりました。

 

しかし、2014年4月より、住宅ローンの上限は4000万円になります。
そうなると、1%で年間40万円の控除、10年間で400万円となります。

 

もちろん、消費税が8%になるので、その分の出費はありますが、控除額を見ると、今が買い時だと思うのではないでしょうか。

 

しかし、実際の返還金は、一旦納税された中からの返還となりますので、20万円の納税であれば20万円以上の返還はありません。
一般に、納税額は所得が低い人ほど安いので、納税額を確認すると良いでしょう。
源泉徴収票や住民税通知書などで確認できます。

 

また、所得税から返還し切れなかった金額に関しては、住民税から返還されます。