住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準

住宅を購入する際、住宅ローンを利用する方は多いと思います。
住宅ローンは、住宅を購入すれば借り入れができるというわけでは、もちろんありません。
審査があり、承認されて初めて借り入れすることができるのです。
申し込みをすれば承認されると思っている方もいるようですが、決してそうではありません。

 

宅ローンの審査項目には、様々な項目があり、全てを総合的に見て判断されます。
簡単に言うと、審査で見るものは、申し込みをした『人』と『不動産』です。

 

収入が高い人でも、購入する不動産に問題があれば審査はおりませんし、どんなに良い不動産でも、本人に問題があれば審査はおりません。

 

本人を審査する内容として、返済能力が問われます。
年収や現在の借り入れ額、また借金の返済に当たって過去に遅延や延滞があれば、5年ぐらいはデータとして残っています。
クレジットカードの利用や車のローンなどある場合は、事前に返済をすることをおすすめします。
しかし、借金があればNGかというと、そういうことではありません。
本人の収入と借金を合わせて考えたとき、住宅ローンの返済が可能かどうかという点が大切です。
ほかに借金がある場合、住宅ローンの借り入れ額が小さくなってしまう場合もあります。
なるべく、完済するようにしましょう。

 

クレジットカードも金融会社からの借り入れも、全て借り入れに関しては個人信用情報として登録されています。
嘘の申告をしてもバレてしまいますので、正直に申告しましょうね。

 

 

また、ご本人の勤務先や勤続年数も、重視されます。
これは、現在の収入そのものよりも、安定性を重視するということですね。
契約社員などの不安定な立場では、難しいでしょう。

 

安定した収入を得るという点では、勤続年数が問われます。(通常、勤続3年以上が目安)
しかし、転職したばかりでも、キャリアアップの転職であれば、勤続年数が短くても可能である場合もあります。
そこは、きちんを銀行に相談しましょう。

 

ご本人の勤務先に関して、大企業であれば収入の安定が見込めますし、中小企業勤務ではやはり大企業ほどの安定は見込めません。
ですから、大企業勤務の人に比べる、中小企業勤務の方は審査は厳しくなります。
これは、中小企業勤務だからダメだということではなく、収入・借入れ金額・物件の担保評価などの、総合評価の中のひとつと捉えてください。

 

 

自営業の場合も、事業の継続年数は3年以上が目安となり、過去3年間の所得が審査の対象となります。
所得が年によって大きく変動する場合は、低い方の所得が審査の対象となる場合もありますので、安定した収入であることが理想ですね。

 

 

また、一般的に住宅ローンを組むときは、生命保険に加入する必要があります。
この生命保険に加入できなければ、やはり審査は難しいと言えますね。
つまり、生命保険に加入できる健康状態であることが必須です。

 

 

収入に関しては、目安として200万〜300万円の年収があれば大丈夫とされていますが、上記にあるような条件によって、受けられないこともあります。